看護師の仕事と看護学校

看護師のお仕事とは

看護師は人に感謝され、心からの「ありがとう」をたくさんいただける仕事です。人は誰しも「ありがとう」の一言で頑張れるのです。仕事を毎日頑張れる原動力の一つが他人からの感謝だと思います。

また日本ではさらなる少子高齢化社会を迎えるにあたり、訪問看護による在宅ケアなど、病院だけでなく、看護師が活躍する領域がますます広くなり、その需要は高まると思います。

看護師は、医療スタッフとして大変やりがいがあり、一生続けていけるお仕事です。ですから、一度社会に出て他の仕事を経験してから、改めて看護師を目指される方も多いです。

看護専門学校とは

看護専門学校とは看護師を養成するための機関で、4年学んだあと看護師の国試を受け、卒業となります。他にも看護師になるには、4年生の看護系学部のある大学か、3年間看護の短大に通う必要があります。
近年では、資格のとれる大学や専門学校の人気が急上昇しており、その中でも看護専門学校の受験生からの人気は高いです。また、高校生だけでなく、転職先としても看護師は人気が高いため、社会人の方が看護専門学校に入学することも多くあります。
そのため、大変なのは看護専門学校に入学した後だけでなく、入学する際にも様々な対策をする必要があります。

看護大学

ここ数年、看護大学(あるいは大学看護学部)の新設ラッシュとなっています。
大学へ進学することのメリットは、看護学士の学位や看護師の国家試験受験資格のほかに助産師国家試験受験資格や保健師国家試験受験資格が得られること、そして、その後は養護教諭免許の取得や大学院や認定看護師教育課程へ進学する道も開けることがあげられます。
高い専門知識の習得に加え、リーダーシップとマネジメント能力を備えた看護の専門識者を養成するのが目的です。

正看護科

ここ数年、看護学校(正看護学校)の志願者数は増加しています。最近は看護大学を第一志望とする受験者が看護学校を併願することも多くなっており、多くの学校で競争率は3倍を超える状態となっています。

准看護科

ここ数年、准看護学校の数は減少し続けていますが、最近は正看護学校を第一志望とする受験者が准看護学校を併願することも多くなっており、競争率は3倍を超える学校も少なくありません。
働きながら学校に通えることや、准看護師資格取得後に看護進学コース(第二学科)で引き続き正看護師を目指すことができることも人気の理由の一つです。

高校看護科

高校の看護科(衛生看護科)は中学卒業から最短の5年で看護師国家試験受験資格を取得できることで注目を浴びつつあります。
高校での一般的な教科に加え、准看護師になるための専門科目を1年次より履修します。2年または3年次より病院実習を開始し、准看護師資格の取得をめざします。
その後、専攻科の2年間で看護の実践的な学習を深めて専門知識や技術の向上を図り、終了時に看護師国家試験受験資格が得られます。